出会い系で相手を探していると援交希望者が多い

■出会い系で援交を見抜くには
普通の人と出会いたいと思って出会い系に登録する人は多いと思いますが、残念なことに今の日本の出会い系サイトの中ではサイトの中で援交の客を探している女性が多いです。
一般女性と思ってメールのやりとりをしていると実は援交希望者で、「○○円でいいけど、どお?」という話しになることが多いです。
せっかくメールのやりとりで仲良くなったのに、実際に会う約束をしてみたらお金の話しになるというのは本当によくありますから、こんな人とお金を使ってメールのやり取りをしないように最初から気付くようにしましょう。
最初から気がつくためには、相手のプロフィールに大きなカギが隠されていますから相手のプロフィールをよく観察してみましょう。
興味がある相手、メッセージのやり取りをしたい相手、掲示板の書き込み読み手になった相手を発見したらまずは相手のプロフィールをよく観察しましょう。
プロフィールを見るのはどこのサイトでも無料であることが多いので問題なく、見ることができますよ。
プロフィールの中で特に気をつけてみるのは相手の年齢と、自由に自己アピールができるフリーの文章を書き込むところです。
フリーの文書のところに「諭吉」とか、「ホ別」とか援交の金額等を表すようなが書き込まれていたら間違いなく一般女性ではなくお金目的で、客を探している女性ということになるので普通のお付き合いはできないでしょう。
あまり会うことができなければときにはこのような援交希望者とあってもいいのですが、当たり外れが高いので何とも言えないところです。
驚くような金額を提示してくる割りに、あんまり可愛くなかった場合はものすごく損をしたような気持になるので何がいいとは言えませんが、とにかく一般女性を探しているなら排除して考えましょう。
このような人たちは気軽にフリーメールのアドレス交換に応じてくれるのでラッキーと者ですが、実際にサイトの外でメッセージのやりとりが始まったらとんでもない話しが始まったりします。
一般的に出会い系の中で援助交際の話しをしてはいけないことになっており、これは売春行為と同じなのでもしもやっていることが知られてしまうとよくないです。
サイトの中もそれを避けたいので、もしもサイトの中で金額の交渉などをしているのが知られてしまうと退会処分になってしまうこともよくあります。
なので大抵このような人たちはアドレスを好感してからサイトの外で詳しい話しをすることが多いから、アドレスを好感したからラッキーというのもどうかと思います。
もちろんこの時も個人の判断でこのまま援助交際をするのか、切り捨てて別の一般女性を探すのかは個人の自由です。

■もしも援交希望者と待ち合わせで分かった場合
出会い系サイトの中で苦労してやっと待ち合わせの約束をしたら、会ってみると実は相手が援助交際を希望していたということも時々あります。
この場合そのまま待ち合わせの場所から相手の言われる金額のままに遊びに行くのか、相手の気づかないように仕事などを理由にしてその場を立ち去るのか悩むところです。
たいていの人が立ち去るのですが、ここで大きな問題が立ちはだかります。
援助交際は個人でやっている人はいますけれど、最近は組織的になっていて女の子たちを後ろでまとめている大人がいることが多いです。
その人に気づかれないように、本当に緊急事態でその場を離れなければならないことを伝えて、立ち去るように気をつけてください。
相手は援助交際と分かった時点で、今日はとても大切な仕事が入ったから今から行かないといけないすぐに連絡をするから、昼ご飯はこれで食べてという感じでいくらか食事代のようなものを手渡してその場を去ると、スムーズに離れられます。
バックに誰かが付いてる場合は逃がさないように、周り込んでくることもあるので本当に仕事だという感じでその場を立ち去るのがいいかもしれません。